news & column

心が軽くなるコラムと情報。
全文はクリックでブログに飛びます。

沙羅双樹の花~不安の時代~

2021/06/19  

沙羅双樹の花…といえば、そうあのフレーズ「祇園精舎の鐘の声。諸行無常の響きあり」 有名な『平家物語』を思い出します。沙羅双樹の花は“盛者必衰” “諸行無常”の象徴として登場します。 

失敗体験の大切さ

2021/06/14
 (続き)失敗をも含めて選択できる力。それが大人と呼べる所以なのでは、、と前回述べました。当然のことながらこのような力は

一朝一夕には生まれてきません。選択のできる「意思」や「覚悟」が必要になります。 

選択するということ

2021/06/12
どちらか好きな方を選んでいいよ。といわれるとホッとする反面、思考が止まってしまうことがありませんか。「どちらか一つを選択して、もう一つを選ばない」という行為は2つのうちの1つをとるが、もう1つを選ばない、という厳しい行為でもあります。

一歩を踏み出す処方箋

2021/06/09
なかなか踏み出せないと悩む方がいます。頭の中ではたくさん沢山イメージし、計画しているのに、それをすることでどんなに楽しいか、充実するかをわかっているのに。

レジリエンス

2021/06/05
コロナが終息せず社会がどうなっていくか、そんな不安の強い世の中。今後企業や社会が求めるだろう力の一つが“レジリエンス”。簡単に言うとどのような過酷な状況や絶望的な事態に出会っても、

カウンセリングを受ける?

2021/06/04
よく「カウンセリングを受ける」と言いますね。この言葉、ときどき間違って使われることがあるようで

アナログ作業

2021/06/03
社会がどんなに便利になってもボタン一つで望みが叶う世の中であっても 心をいやしたり成長させたり成熟に向かったりする作業は

心の中心

2021/05/30
星見里の空を集めてみました。星のさとのある北杜市は八ヶ岳の裾野にあり南東には大きく富士山が見えます ここは標高が高いため

心の居場所を持っていますか

2021/05/25
カウンセリング場面。心に深い傷を持った10代の男の子。
箱庭を勧めてみると

名前の由来

2021/05/22
久びりの投稿になってしまいました💦改めて「星のさと」の名前の由来を・・・

寺子屋風 セミナー記 その2

2021/01/09

日本に古くからあり、続いてきたものは私たちに大切なことを伝えてくれます。便利になった世の中ですがちょっと立ち止まりそれらが私たちに教えてくれることに

寺子屋風 セミナー記 その1

2021/01/05

新年もすでに5日過ぎました。昨年末もギリギリの27日、星のさとの提携先の塾 ルードゥスアカデミーの冬期講習において1-day 心理セミナーが行われました。

あけましておめでとうございます。

2021/01/01

あけましておめでとうございます。昨年は私達それぞれが各々の立場で多くを考え気づかされる稀有な一年でした。

深いかかわり

2020/11/21

花を生けることが好きです。ある日、ふと気づきました。「生け花って、箱庭と似てるなー」箱庭では、まずそこに「箱」という場があり、ここに自由にミニチュアを置いていきます。

好きなものなんかなくていい。中学生高校生の君たちへ。

2020/11/13

こんばんは。すっかり冬の夜空。星がきれいなここ星見里市です。最近、中学生高校生のお悩みランキング上位に上がるのが「自分には好きなものがない」

11月から始動しました!

2020/11/11

おはようございます。朝起きると寒くて「布団から出たくない~」季節のこちら星見里市です。わたくし事ですが今日11月11日は自分の誕生日、、

朝の習慣

2020/09/27

今日は秋晴れになりました!ここ一か月ほど、毎朝起きてすぐ朝ヨガをやっています。なかなか昼間や夜はヨガの時間が取れないので